top of page
  • 山本

2020年ノーベル賞!

皆さんこんにちは。



2020年のノーベル賞受賞者が発表となりました。


各賞と受賞者を見ていきましょう。



ノーベル生理学賞(受賞テーマ:C型肺炎ウイルス)

・アメリカ NIH=国立衛生研究所のハーベイ・オルター氏

(C型肺炎ウイルスの存在を証明)

・カナダ アルバータ大学のマイケル・ホートン氏

(C型肺炎ウイルスの遺伝子を取り出すことに成功)

・アメリカ ロックフェラー大学のチャールズ・ライス氏

(C型肺炎ウイルスの培養に成功し、抗ウイルス剤の開発に貢献)


ノーベル物理学賞(受賞テーマ:ブラックホール)

・イギリス オックスフォード大学 ロジャー・ペンローズ氏

(相対性理論の特異点について研究しブラックホールの形成を証明)

・ドイツ マックス・プランク地球外物理学研究所

ラインハルト・ゲンツェル氏

  アメリカ カリフォルニア大学 アンドレア・ゲッズ氏

(天の川銀河の中心に巨大なブラックホールが存在することを明らかにした)



ノーベル化学賞(受賞テーマ:遺伝子研究)

・ドイツ マックス・プランク感染生物学研究所

               エマニュエル・シャルパンティエ所長

アメリカ カリフォルニア大学バークレー校 

ジェニファー・ダウドナ教授

(CRISPR-Cas9〈クリスパー・キャスナイン〉と呼ばれるゲノム編集の画期的な手法を開発)



ノーベル文学賞

・アメリカの詩人 ルイーズ・グリュック氏



ノーベル平和賞

・国連のWFP=世界食糧計画


ノーベル経済学賞(受賞テーマ:電波オークション制度)

・アメリカのスタンフォード大学 ポール・ミルグロム氏

                ロバート・ウィルソン氏

(電波の周波数の割り当てなど、従来の方法では売ることが難しかったモノやサービスに使われる新たなオークションの制度設計を行い、世界中の納税者などの利益につながった)




個人的に今回一番アツい受賞は物理学賞でした。

一般相対性理論の特異点、ブラックホールに関する研究は現在の物理学の常識を覆す可能性を秘めていて、研究が進めば魔法(のように感じられる現象)やドラえもんの道具が実現できるかもしれないそうです。


それよりなにより、100年かけてこれでやっと人類がアインシュタインの頭脳に追いついたわけなんですよね。アインシュタイン恐るべし…


他の研究についても調べれば調べるほど知らないことだらけで面白いと思います。

またノーベル賞の知識は、中学入試や高校入試の時事問題として出題される場合がありますので、ぜひ調べてみてください!


もしかしたらお子様よりも保護者様の方が面白く感じてしまうかも?


それでは!


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page